WordPressの始め方【パソコン初心者でもわかる】

お勧め
WordPressの始め方【パソコン初心者でもわかる】

お勧めの副業のひとつがブログでWordPressでやるのが良いというのは分かりました。
でも、WordPressでのブログの始め方が分かりません

・パソコンは苦手だけどWordPressでブログを始めたい
・アフィリエイトで稼ぎたい
・他のサイトで挑戦したけど、難しくて挫折した経験がある

WordPressはたったの3ステップで始めれます

WordPressは次の3ステップで始められます!

  1. レンタルサーバーの契約
  2. ドメインの設定
  3. WordPressをインストールする

本記事では、絶対に後悔しないシンプルな方法という点に着目し、色々な方法がある中で厳選した手順と手続きに掛かるおおよその作業時間を紹介していきます。

レンタルサーバーの契約 (30分)

レンタルサーバーとは簡単に言うとインターネット上にあるデータの保管場所で、大切な情報全て保管することになるので安心安全で高性能なものを選ぶ必要があります。

そこで初心者に強くおすすめしたいのは多くのブロガーやアフィリエイターが愛用している『エックスサーバー』です!

Xserver Business

エックスサーバーがお勧めな理由

  1. 安くて高性能(コスパが最高!控えめに言っても神レベル)
  2. 多くの人が使っている(有名ブロガー達も愛用。Q&Aサイトが豊富)

非常に人気があるので何か困った時や機能について調べたい時に情報がすぐに手に入ります。

何か困ったことがあっても大抵はネットで調べることで解決できるので、とても便利だと世間でも高評価をうけています。

エックスサーバーに申し込む

まずは、エックスサーバー の公式サイトへアクセスしましょう

以下の画面になるので『まずはお試し10日間無料!』をクリックしましょう。

エックスサーバーに申し込む

※現在、無料で独自ドメインが1本プレゼントされるキャンペーンをやっていますのでお得に始められます(期限:2020年4月30日までの申し込み)。

左の『10日間無料お試し 新規お申込み』クリックしましょう。

クリックすると以下の登録画面に切り替わります。

入力については次のように入力してください。

  1. サーバーID(初期ドメイン) →ブログと関係ないので適当でOK!
  2. プラン →初心者ならX10にチェック!
  3. メールアドレス、名前、住所、電話番号など →個人情報を入力

すべての必要項目を入力し、規約を読んで同意すると
下にある『お申込み内容の確認へ進む』が押せるようになります。
ここまでの操作で問題なければ、クリックして先へ進みます。

画面が切り替わると入力内容確認の画面になります。
ここで、再度 入力内容に誤りがないことを確認し、
画面を下にスクロールして『SMS・電話認証へ進む』をクリックします。

『SMS・電話認証へ進む』をクリックすると
以下の認証コードを取得する画面に切り替わります。

こちらでは以下のように選択してください。

  1. 取得する電話番号 →住んでいる国を選択します。電話番号は自動的に入力されているので、基本的にそのままでOKです!
  2. 取得方法 →お好きな方を選択してください。

取得方法がよくわからない場合は、右側の『自動音声通話で取得』を選ぶのが一般的です。

最後に『認証コードを取得する』をクリックし、次の画面で届いた5桁のコードを入力します。

『認証して申し込みを完了する』をクリックして申し込み終了です!

申し込みが完了すると、申し込み時に登録したメールアドレスに次のようなタイトルのメールが届きます。重要な内容なので削除しないように保護しましょう。

【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[使用期間]

こちらのメールに書かれている『Xserverアカウント』ログイン情報はこの後必要になるので、すぐに使えるようにメモしておきましょう。

アカウント管理はGoogleドライブでの保存が超おすすめです。
手順は以下のページに記載されてますので参考にしてみてください。
IDとパスワードの管理方法はGoogleドライブがおすすめ

エックスサーバーの料金を支払う

料金を支払わないと次のステップへ進めませんので、この時点で料金のお支払い手続きをしましょう。

せっかく10日間のキャンペーン期間中なので勿体無いと感じるかもしれませんが、そこは安心してください。

料金は無料期間が終わってから支払われますので大丈夫です。

まずXserverアカウント(旧インフォパネル)のログインページにアクセスします。

レンタルサーバー Xserver

先ほどのメールに書かれていた
XserverアカウントID(メールアドレスでも可)と
Xserverアカウントパスワード
ログインします。

ログインするとXserverアカウントのトップページが開かれるので、左下にある『料金のお支払い/請求書発行』をクリックします。

クリックすると以下の画面へ切り替わります。

「お支払い伝票の発行」画面になりましたら以下の処理をしてください

  1. 左の□をクリックしてチェックを入れる
  2. 更新期間を選択する(期間が長いほど割安になる。筆者のおすすめは12か月)
  3. 1,2が終わったら右下の『お支払い方法を選択する』をクリックする

お支払い方法はクレジットカード・銀行振込・コンビニ・ベイジーの4種から選ぶことができます。

ご自身の一番ご都合の良い支払い方法で手続きをしてください。

これでレンタルサーバーの契約ステップは完了となります。

ドメインの設定(20分)

ドメインネームを決めましょう

ドメインネームの選び方について

.comや.net、.org が圧倒的に多く選ばれています!

個人でドメインを取得する際は「.com」や「.net」がおすすめです。
その理由は、多くの人が利用しているからになります。
いつも目にしている「.com」や「.net」というドメインのサイトは安全と判断してもらえるということです。

また、サークルなどの非営利組織の場合は「.org」でもよいかもしれませんが、他にも「.jp」や「.biz」、「.info」などに人気があります。
ただし、普段ネットで検索していてあまり見かけないものは避けた方がいいです。

インターネット上に1億以上存在するドメインのうち、圧倒的に多いのが「.com」で、次に「.net」や「.org」の順となっており、この3種類でその大半を占めています。

もし数年後、取得したドメインの人気が高くなった際に手放すことになったとしても、この3種類ならオークションサイトなどで世界中の人から入札が入る可能性もあります。

一方、jpドメインなどの国別トップレベルドメインの場合、日本人以外はほぼ取得しませんので、売却するにはあまり人気がないかもしれませんが、日本での信頼性は高い傾向にあります。

法人向けに最適な co.jp や or.jpドメイン

法人でドメインを取得する場合には、属性型JPドメインの「.co.jp」や「.or.jp」を選択するのをお勧めします。

これら属性型JPドメインは法人の登記情報を確認した上で、その組織でひとつしか取得できないドメインのため、取得する際のハードルが高くなります。

その為、個人で気軽に大量に取得できる「.com」や「.net」とは違い、「.co.jp」や「.or.jp」なら転売目的で取得されるケースが少なく、実態のあるサイトばかりなので信頼性が非常に高いです。

一般企業なら「.co.jp」、医療関係などの非営利法人でしたら「.or.jp」を選択されるのが一般的となっています。

SEO対策を考慮に入れたドメインネーム選び

ブログサイトのドメインを取得する際のポイントとして
以下の3つを意識するのがいいです。

  1. 「.com」などの海外でも人気のドメインにする
  2. 誰にでもすぐ察しが付くわかりやすい名前
  3. サイト内容と関連させ短くクールでかっこいい名前にまとめる
  4. 関連キーワードを入れSEO対策の面でも有利にする

例えば、当サイトの場合、多少長いURLになってしまいましたが、URLに「札幌 投資倶楽部」のキーワードを入れています。

sapporo-investerclub.com

URLにこれらのキーワードが入っていると「このサイトはホームページに関連するサイト」と認識されるため、結果として検索エンジンで上位に表示される確率が高くなります。

キャンペーンドメインを利用して獲得

レンタルサーバーの契約のところで少し触れましたが、現在エックスサーバーが期間限定(~2020年4月30日)で独自ドメイン1本を無料でプレゼントしています!

ドメインとはサイトURLのことで、このページでは『sapporo-investerclub.com』にあたります。

ブログを開設するには必須であり、ドメインの維持費は約1000円/年かかるので初年度無料ということは、かなりお得といえます。

しかも、通常はお名前.com でドメインを獲得する流れが一般的なのですが、キャンペーン期間中を利用することで手間も省けて一石二鳥となるので、これから副業でブログを取り入れたい人にとっては絶好のチャンスともいえます。

ではキャンペーンドメインの獲得方法ですが
まず、Xserverアカウントのトップページの左下にある『キャンペーンドメイン』をクリックします。

『キャンペーンドメイン』をクリックすると、キャンペーンドメイン申請フォームのページに切り替わるので、規約を読んでから下の『同意する』をクリックしましょう。

同意すると独自ドメインを決める画面に切り替わりますので、ここで先ほど考えたドメインを入力しましょう。

以下の表示が出たら入力したドメインが既に使われている状態となっていますので、別なドメインを考えて入力してください。

無事に獲得できると次の画面になります。

キャンペーンドメインを設定する

キャンペーンドメインを獲得したら
次はエックスサーバーにドメインを設定します。

まずはXserverアカウントのトップページから『サーバー管理』に進みます。

これでサーバーパネルにログインできるので、
右上の『ドメイン設定』をクリックします。

ドメイン設定の画面になるので『ドメイン設定追加』をクリックします。

画面が切り替わったら、チェックは入れたままでドメイン名のところに獲得したキャンペーンドメインを入力し、右下の『確認画面へ進む』をクリック

次に確認画面へ移動しますので、
ここで内容確認をして問題なければ右下の『追加する』をクリックします。

お疲れ様でした。
以上で完了となります。

WordPressをインストールする(10分)

最後にWordPressをインストールしたら終了です。
まずは、サーバーパネルのトップに戻り、左下の『WordPress簡単インストール』をクリックします。

WordPress簡単インストールをクリックすると
ドメイン選択画面になります。
ここで先ほど獲得したキャンペーンドメインを選択しましょう。

次に『WordPressインストール』をクリック

『WordPressインストール』をクリックすると入力画面になります。

入力内容は以下のように入力しましょう。

  • サイトURL:そのままでOK
  • ブログ名:あとから変更できるのであまり考えなくてOK
  • ユーザー名:ログイン時に入力するユーザー名
  • パスワード:ログイン時に入力するパスワード
  • メールアドレス:自分のメールアドレス
  • キャッシュ自動削除:『ON』のままでOK
  • データベース:『自動でデータベースを生成する』でOK

最後に右下の『確認画面へ進む』をクリックします。
誤りがないことを確認したら、右下の『インストールする』をクリック

以下の画面が表示されればWordPressのインストールが完了となります。

画面にも書いてありますが、ログインや編集に必要な情報が出てくるのでメモを取りましょう。

上記でも案内しましたが
アカウント管理はGoogleドライブでの保存が超おすすめです。
手順は以下のページに記載されてますので参考にしてみてください。
IDとパスワードの管理方法はGoogleドライブがおすすめ

最後に

非常に長い記事でしたが、ここまで読んでくださりありがとうございます。

これを期に少しでもブログを始める人が増えてくれたらうれしいです。



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました