泉 忠司を「wikipedia」に匹敵するくらい情報整理してみた

ネットビジネス検証
泉 忠司を「wikipedia」に匹敵するくらい情報整理してみた

泉 忠司はインターネットビジネス界のラスボス的存在の大物

インターネットビジネス界隈の情報商材屋の有名人は多数います。
有名どころでは、与沢翼、小玉歩、土屋ひろし、蝶乃舞、パンダ渡辺、坂本よしたか、七星明、佐藤みきひろ、佐藤文昭、クリス岡崎、小野里はじめ、阿部ダイジロウ、松本太陽、長倉顕太、苫米地英人、小平つかさ、mayuhimeなど(敬称略)

一度は名前を聞いたことがあったり、広告を目にしたことがあるかと思います。

その中でも頭一つ飛び抜けたのが、泉 忠司です。

彼が有名になったのは、2015年最後の大型案件『泉忠司ドラゴンアカデミー』で取り扱った案件の一つ仮想通貨Cardano(ADA)コインのプレセールです。
これが2017年10月にプレセール価格の10倍で上場し大当たり!
そして仮想通貨バブルの波の影響もあって、わずか3ヶ月でプレセールの570倍にまで暴騰しプレセールで購入していた塾生は全員一瞬のうちに億り人や十億人になった伝説となりました。

ドラゴンアカデミーの塾生からしたら泉忠司は神様のように崇められていたのはいうまでもありません。

そして、この実績が誰もが認め名実ともに泉忠司はインターネットビジネス界の大御所として、そして自らキング・オブ・コインと名乗り君臨するようになりました。

泉 忠司とはどんな人物なのか?

今でこそ「泉 忠司とは仮想通貨に精通している人?」という印象を持つ人が多いかと思いますが、実は「何でもしている人」と言うのが最も当てはまる人なんです。

泉 忠司とはどんな人物なのか?

つまり、泉 忠司はその時その時の時流に沿ったものであれば何でも着手するということを意味しており、これは自分で自身の活動はボーダレスであると公言しています。
泉 忠司を何か一つの分野のビジネスで括りをつけようとしてはいけないということを表していると言えます。

プロフィール

  • 名前  :泉 忠司
  • 生年月日:1972年1月14日生まれ
  • 出身地 :香川県
  • 血液型 :B型

学生時代の泉 忠司は、もともと勉強は得意ではなく高校2年生の秋までの成績は
学年最下位レベルの偏差値30程度
ふと、このままではいけないと思い独学で勉強を行った末、半年で全国模試1位を獲得し、東大に現役合格したそうです。

ただ、東大には行かず一年浪人して横浜市立大学へ進学。その後、ケンブリッジ大学への留学を経て、早稲田大学の研究所客員研究員や、横浜市立大学、青山学院大学、日本大学などの講師を担っていました。

このような経歴から、自身でリアルドラゴン桜と公言、コミック『ドラゴン桜』12巻(講談社)でも紹介されたという実績があります。

そして現在行っている活動は、自身をボーダレスと言っているだけあって、非常に多岐に渡っている状況。

その活動内容を大きく分けた場合、下記のように分類できました。

ミリオン作家

泉忠司の第2作目、世界一分かりやすい英語参考書というキャッチフレーズの『歌って覚える英文法完全制覇』(青春出版社)は、「理解したうえでの例文暗記こそが英語習得の最短距離」と語る泉忠司の英語学習のノウハウが出し惜しみなく凝縮されている1冊で、大学受験参考書シリーズで確固たる地位を占める。

また自分を成功に導く自己啓発本

『コンフィデンスシンキング~成功のための7つの絶対原則~』(扶桑社)が
読売新聞ビジネス書ランキング1位。

『魚の釣り方は自分で考えろ』(中経出版)が
紀伊國屋書店、ジュンク堂書店などの週間ランキング1位。

『バカとブスこそ金稼げ!』(マネジメント社)は
紀伊國屋書店をはじめ全国の主要各書店で3〜4週間に渡り1位を獲得。

さらには、恋愛小説『クロスロード』(ゴマブックス)が
シリーズ100万部のベストセラーになるなど

多岐に渡る著書は57冊・累計360万部を超える。

出版デビューのプロデュース

著書57冊・累計360万部を超える「日本を代表するミリオンセラー作家」である泉忠司は、自身の実績と人脈を駆使して作家デビューをプロデュースする活動を行なっています。

この作家デビューをプロデュースでは、ただ作家になるだけでなくプロモーション戦略の立案・実施によりベストセラーを生み出すことをしてくれるそうです。

【これまでにプロデュースした書籍の例】

  • 泉忠司×河村隆一『抱きしめて』(徳間書店)
  • 田中優子『女医が教える老化を止める美肌術』(扶桑社)
  • 泉忠司×青木尚士『35歳になったらマクドナルドでバイトしろ!』(角川フォレスタ)
  • 藤下みなこ『すりおろしきゅうりダイエット』(扶桑社)
  • 土師彩鶴『なまえのチカラ』(扶桑社)

アイドルのプロデュース

「大人にだって青春がある」をコンセプトのアラフォーアイドルユニットを泉忠司が
プロデュースしCDメジャーデビューまで果たしています。

その輝かしい歴史は以下になります。

  • 2009年10月:リーダーサラを中心に5名でスタート。
  • 2010年2月14日:シングルCD「ねぇ、恋をしようよ/幸せのカタチ」でインディーズデビューし、NHKの番組で特集される。

    テレビ番組をきっかけに口コミで広がり、新たに全国より新メンバーを募集。
  • 2010年10月6日:「ルージュとマティーニ/M」でメジャーデビュー、カウントダウンTV76位、オリコン初登場140位。
  • 2011年6月22日:メジャーセカンドシングル「今日も明日もバラ色/なんてったってアイドル」で、アマゾンCD売上音楽部門・アイドル部門1位を獲得。

    メディア露出も増え、さらに大きなユニットに発展する。
  • 2012年9月21日:3周年を記念して、初のアルバム「We are samurairose!」をリリース。

    サムライローズは全国各地にチームを構えるようになり、一時期メンバーは70名まで増加。
  • 2014年には全国のメンバーが集結し、六本木のEXシアターでライブを実施。
  • その後、徐々に活動は縮小傾向となり2016年5月に解散。

教育

教育

泉忠司は「勉強をやりたくない」と言う子どもに勉強を無理にやらせるのではなく、「勉強をやりたくてたまらない」ように子どもたちを導くことで、真の自立学習を目指す教育方針に全面的に賛同し学習塾Pegasusの特別顧問を務めているそうです。

ビジネススクール

ビジネススクール

泉塾の最高峰「1億円を何度でも稼ぐためのノウハウとスキル」を
伝授してもらえるという泉塾プラチナ講座

お金も人も集まる最上級のスキルを1泊2日に凝縮し、お金が集まれば人脈も広がり、
そこからさらに集まり、広がる…。人生をも豊かにある最高峰のセミナーです。
受講費も最高峰で1泊2日で100万円となっています。

このプラチナ講座を受講することで一生使える最強のツールを泉忠司本人が、
あなたの脳と身体に直接インストール。
知識の深化と長期記憶のメカニズムに直接アプローチする特別な方法で
「知っていること」が「できること」に変わるそうです。

ビジネススクール

ビジネスで成功するためのメソッドやマインドを泉氏から学ぶことができる
ビジネス大学

このビジネス大学では、ビジネスで重要なプレゼンテーション、マーケティング、営業スキル、交渉術、インターネットビジネス、マネジメントなどの知識やテクニックを学ぶことができ、ビジネスで上手くいけるようになる最先端のスキルやノウハウを習得することができるそうです。

ビジネススクール

蝶乃舞とタッグを組んだ稼げる作家をプロデピューさせるスクール
「龍蝶塾 ドラゴンバタフライ」はベストセラー作家だから知っている出版業界の仕組み、お金に換わる強みを見つけるブランディング講座。

感情を動かすライティング技術、本の売り方のすべて、本の出版を入り口にただのベストセラー作家ではなく「稼げる」作家になれる方法をレクチャーしたそうです。

ビジネススクール

「1円も使わず稼ぐ、究極のパーフェクトビジネス」をキャッチコピーに仮想通貨、海外不動産、投資案件などにお金を入れて増やす錬金術。

さらにアフィリエイトの方法も全て教えるビジネス教材の泉忠司ドラゴンアカデミーは、参加者3,000名を超えた伝説のインターネットの高額塾。

このドラゴンアカデミーでの売り上げは推定15億円だそうです。
(30万円のコンテンツのバックエンドにGTS-Xの80万円コース(+30万円)、完全継承プログラムの200万円コース(+170万円)の高額バックエンドが存在していたことを確認済。)

この実績でインターネットビジネス界隈では一躍有名人となりました。

情報商材販売と投資コミュニティ運営

情報商材販売と投資コミュニティ運営

ドラゴンアカデミーのコンテンツをリメイクして販売した「仮想通貨バイブル」を販売中に、ドラゴンアカデミーで紹介していたADAコインが上場し間も無く仮想通貨バブルの影響もあって一気にプレセール0.26円/1ADAが150円/1ADAまで実に570倍の急騰を記録、この時を界に泉忠司はキング・オブ・コインと名乗るようになりました。

人気絶頂の泉忠司は仮想通貨バイブルの超高額バックエンド「パルテノンコース」も大盛況。パルテノンコースの特典の一つNOAHコインの1回目のプレセールも大成功まさに界隈でも破竹の勢いを見せ名実ともにインタネットビジネス界の大御所のポジションを獲得したと言っても過言ではありません。

過去に泉忠司が紹介した案件はこのようになっています。

仮想通貨ICO関連

  • Cardano ADA(カルダノ ADA)
  • NOAH COIN(ノアコイン)
  • Wowbit (ワウビット)
  • ORCHID (オーキッド)
  • Playcoin(プレイコイン)
  • HoToKen (ホットークン)
  • Hyundai DAC (ヒュンダイ ダック)
  • Chiliz (チリーズ)

仮想通貨投資関連

  • BitClub (ビットクラブ)
  • D9
  • クルードマイナーズ
  • X-バイナリー
  • SENER (セナー)
  • BITSHOWER (ビットシャワー)
  • 仮想通貨バンク
  • Arbitao
  • The Mining
  • マイニングワールド
  • ジュビリーエース
  • ANGELIUM (エンジェリウム)
  • PRANCE GOLD (P・G・A)

その他の投資案件

  • フィリピンの銀行口座開設
  • フィリピンの不動産購入
  • ハイスピード全自動AIシステム
  • カンボジアプロジェクト
  • IBH

コミュニティ

  • ビリオネアキャッスル

その他

  • 蝶乃舞はじめ多くのインターネットビジネス界隈の仲間の案件を紹介
    Dreamersプロジェクト、Jeunesse Global (ジュネス グローバル)、WorldVentures (ワールドベンチャーズ)など
泉忠司 案件資料
アンゴロウ暗号資産研究チャンネル資料抜粋

多くの社会貢献

多くの社会貢献

2011年に東久邇宮文化褒賞を受賞

ノーベル賞を100とるよりも国民一人一人の小発明が大切だ。うまいみそ汁を考えた人には文化勲章を与えよ」という東久邇盛厚の理念に感銘を受けた、元衆議院議員の豊澤豊雄によって、大衆発明を奨励し市民発明家を顕彰するための民間団体として、1963年に設立された非営利団体。国の褒章制度とは連携せずに「東久邇宮記念賞」などの独自の褒賞を授与している。

ちなみに、「褒賞」と言っても法的にはあくまで「商品」の扱いとなり、受賞を申請する公式サイトは法的にはあくまで「ネットショップ」であり、お金を支払って褒賞を受賞することは「ネットショッピング」の扱いとなる。そのため、消費者庁の指導に基づいて「特定商取引法に基づく表示」が義務付けられており、それによると、商品が到着して7日以内なら返品・返金も可能(クーリングオフ)。また、商品の注文を確定してから、通常24時間~48時間以内に商品が送られてくるとのこと。また受賞には消費税が課税される。

東久邇宮記念会Wiki:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%B9%85%E9%82%87%E5%AE%AE%E8%A8%98%E5%BF%B5%E4%BC%9A
多くの社会貢献

2017年にThe President’s Council Certificate of Excellence (アメリカ合衆国大統領府最優秀顕彰)受賞

ただ、アメリカ合衆国大統領府最優秀顕彰を知っている人を確認することができないため内容については一切不明となります。

豊富な人脈

多くの社会貢献

泉忠司は人脈がとても豊富で一度はTVで見たことのある芸能人や国のトップとも面識があるそうです。

ボーダレスで多岐に活動するがゆえにトラブルも多い

泉忠司はものすごい経歴を作っているが全てが順風満帆というわけでもなく、多少のトレブルも常に抱えている状況。

ノアコインの返金対応

ノアコインの返金対応

国家プロジェクトと嘘を言って投資を募ったと問題となりノアコインは一度返金対応をしています。

ノアコインの返金対応

泉忠司です。

ノアグローバルイノベーションサービスより非常に重要な発表がありました。

大切なお知らせですので、僕の方からも趣旨をお伝えいたします。

ノアコインは第2期のプレセールを終えましたが、
プロジェクトの規模が非常に大きくなっていることもあり、
ノアグローバルイノベーションサービスは、第三者機関を通して、
コンプライアンスを遵守する責務があるとの見解に至りました。

そこで、すでにノアコインを購入していただいた方に、以下の4つの措置が取られることになりました。

下記の「ノアコインの情報の訂正と謝罪」において説明することにおいて、
購入当時のノアコインに対する認識に誤解があった場合や、
その他の理由でノアコインの継続所有を希望されない場合は、
ただちに売買契約を無効にし、
お支払いいただいた金額と同額を返金する。

ノアコインを継続所有にご了承いただき、
今後も変わらず保持する場合は、継続所有の同意の確認手続きをしていただく。

既存購入者の皆様に対して上記2点の確認が完了するまで、
第3期プレセール開始を延期する。

第3期プレセール開始まで予約受付を一時休止する。

フィリピン大使館やフィリピン・ナショナル・バンクの発表などにより、
ご心配いただいている方も多いと存じます。

プロジェクト発足当初、 ノア側が多くのVIPとミーティングを重ねていたのは間違いなく確かです。

僕はこの状況から「間違いなくこれは国家プロジェクト級の事業だ」と認識しました。

その後、僕がセミナーや動画で、ノアコインのプロジェクト規模を説明する際に
「政財官民が一体となって取り組んでいるプロジェクト」や「国家プロジェクト」などと、
僕の主観で断定的な言い方で表現した事が多くの方に、
「フィリピン政府公認の暗号通貨」と認識を錯誤される事につながったようです。

僕の行きすぎた表現でそのような事態となったことを深く反省しており、ここに謝罪いたします。

さらにその表現が一人歩きをし、
「ノアプロジェクト」=「フィリピン政府公認の国家プロジェクト」
であるかのような表現が用いられた代理店サイトが
幾つもインターネット上に見受けられるようになりました。

この点に関しても僕自身も大いに責任を感じています。

次に、
フィリピン航空やルシオ・タン氏がノアプロジェクトに関わっていると、
僕自身もセミナーや動画で言及してきたことについて、
フィリピン航空のグループ銀行であるフィリピン・ナショナル・バンクから
「いっさい関係がない」という発表がなされた点に関してです。

プロジェクト発足当初より、ノアプロジェクトが、
主にルシオ・タン氏のご子息でありフィリピン航空グループの要職にあるボン・タン氏と
イートンシティの開発についてミーティングを重ねてきたのは間違いなく事実です。
(イートンシティは動画の中でノアシティ予定地と僕も動画で紹介している場所です。)

僕自身もノアプロジェクトのご紹介により、ボン・タン氏をはじめ、
イートンシティの責任者など、要職にある方々と2017年4月1日に直接お会いしました。

僕の面前で両者による条件面での議論が確かに行われていました。

その時の様子に関しては、
2017年4月15日に行ったトップリーダーズ会議にて写真にてご紹介もしました。

しかし、ノア側とボン・タン氏側の間で認識の違いもあって、
条件面の折り合いがつかず、契約合意が伸びているうちに、
レボリューション・プリクラフティッド社のロビー・アントニオ氏からの提案があり、
ノアシティ開発は同社と共同で行っていくことが発表されました。

当初ボン・タン氏から好感触で前向きに、ぜひ実現したいとの表現もあったことから、
僕はフィリピン航空やそのグループ会社が協賛してくれるのは確定的だと認識いたしました。

ただ、僕のその後のセミナーや動画の説明において、すでに確定したように言及したことから、多数の代理店サイトでフィリピン航空のことが記載されることになってしまいました。

僕自身ももっと確認してから言及すればよかったと深く反省しています。

ここで現状に関してはっきりさせてお伝えします。

ノア側とボン・タン氏の間で条件面の折り合いがつかなかったことから、
ボン・タン氏ならびにフィリピン航空グループやルシオ・タン氏と
ノアシティを共同開発するという話は現時点ではなくなりました。

ただ、ノアシティ構想はロビー・アントニオ氏率いる
レボリューション・プリクラフティッド社と共同で行っていくことが確定しています。

この点に関しては、ロビー・アントニオ氏が来日して、
セミナーで自ら言及していることからも明らかであるように、間違いのない事実です。

イートンシティから車で約20分ほどのタガイタイというエリアにある
ロビー・アントニオ氏のグループが保持している土地が暫定の候補地と伺っております。
候補地は今後変更される可能性もございます。

さらに、第三点目として、
「ノアコインが必ず上がる」と言及しているような
代理店サイトが見受けられますが、
言うまでもなく、未来のことは誰にも分かりません。

僕の説明の中で「ノアコインは初年度に20%、以降も40年に渡って利息がつく」と言及しています。

ここでいう利息とはつまりコインステーク報酬のことです。

ノア側に再度確認したところ、これは間違いなく事実です。

ただし、「120ノアが1年で144ノア、2年で168ノア・・・」が正確であるところを、
説明を分かりやすくするために、
「120万円が1年で144万円、2年で168万円」のように話したことがありますが、
その際に同時に言及しているように、「これはノアコインの価値が変わらないと仮定して」の話です。

ノアコインの価値が上がれば、日本円換算した時にもっと上がることもありうるし、
ノアコインの価値が下がれば、日本円換算した時にもっと下がることもありえます。

このあたりもきちんと伝えているつもりではありましたが、
言葉足らずな部分があって、僕の表現が誤解を生んだのであれば、謝罪いたします。

正確に整理しておきますと、
初年度20%、以降毎年0.86倍に指数関数的に減少する形で、
ノアコインには利息(コインステーク報酬)がつきます。

つまり所有しているノアコインの量に対して、
毎年決められた割合で利息が付与されるということです。

その利息を含めて考えて、その暗号通貨の価値が上がれば、
日本円換算した時の価値は上がりますし、
その暗号通貨の価値が下がれば、日本円換算した時の価値は下がります。

「絶対に上がる」というふうに断言することができるものは、
ノアコインに限らず、他の暗号通貨においても存在しません。


最後にもう一度全体をまとめておきます。

ノアプロジェクトはフィリピン政府公認のプロジェクトではありません。

条件面での折り合いがつかなかったことから、
現在ノアプロジェクトにフィリピン航空グループは関与していません。

「ノアコインの価値は絶対に上がる」とは断定できません。

既存の購入者の皆様でノアコインに関して、
僕だったり、その他の代理店の方だったりの説明から、
上記3点や、その他の何らかの誤解に基づいてノアコインを購入し、
いま現在思っていたものと違うために返金して欲しいという方は、
ノアグローバルイノベーションサービスから全額返金していただけますので、下記にご連絡ください。


連絡先 info@noah-coin.com

返金受付期間は2017年7月10日から2017年9月7日までの60日間となっております。

また、返金をご希望なさった場合、
誠に申し訳有りませんが、ノアコインのプレセール期間での再購入は不可となりますのでご注意ください。

これは返金された場合でも、
代理店の皆様にすでに支払われている報酬の戻入処置などは行わないため、
同じ方による返金後の再購入により、
二重に紹介報酬が発生することを防ぐためとのことです。

ノアコインはフィリピン政府公認のプロジェクトではありませんが、
非常に大きなプロジェクトであることは確かです。

また、ノアシティ構想はフィリピン航空とのプロジェクトではなくなりましたが、
ロビー・アントニオ氏という世界的にも著名な経営者率いる
非常に大きなデベロッパー企業と共同開発を計画していることは確かです。

そして、「ノアコインが絶対に上がる」とは、僕はもちろん、
誰にも断言できませんが、可能性が感じられる暗号通貨であることは
間違いないと僕は思っています。

2017年5月10日のセミナーにて発表されたように、
フィンテック決済サービスの急先鋒ともいうべきNIPPON PAYとの提携により、
ノアコインの日本国内の店舗での決済実現に向けて動き出したことも事実です。

「ブロックチェーンテクノロジーを用いて、世界の貧困問題の解決を目指す」
というノアファウンデーションの理念も当初から何ら変わるものではありません。

もちろん僕は引き続きノアコインを保持する所存ですが、
僕と同様にこれからも保持することに同意なされる場合は、
ノアグローバルイノベーションサービスから後日送付されるメールでの継続所有の意思確認手続きをお願いいたします。

既存の購入者の皆様からの「返金」か「継続所有」かの回答が集まり次第、
第3期のプレセールがスタートされることになります。

購入者の皆様には大変お手数をおかけすることになりましたが、
ノアプロジェクトを成功させるべくコンプライアンスを徹底していく上での手続きとなります。

僕自身もプロモーションの際の言葉の選択には今後細心の注意を払っていくようにいたします。
皆様もぜひともご協力のほど、よろしくお願いいたします。

集団訴訟

消費者被害の未然防止・拡大防止・集団的被害回復を進めている「消費者機構日本」という団体が、消費者団体訴訟制度を通して消費者の被害を未然に防ぐ活動をしており、

この消費者機構日本が泉忠司を訴訟し現在裁判が行われています。
訴訟された大きな理由は「お金を騙し取られた」ということが大きく、泉忠司に対する詐欺被害者会といったようなものまであります。

パルテノンコース

具体的には、ネットビジネスでの商材の集団訴訟では「パルテノンコース」という人工知能を使ってバイナリーオプションで儲けが出るはずが、全く儲からなかったというものになります。

仮想通貨バンクとノアコイン

また、仮想通貨バンクやノアコインの集団訴訟では、ビットコインやノアコインを出資・購入したがその後の利益は全くでなかったというものになります。

ノアコインに至っては「泉忠司のノアコイン被害者の会」というものまで発足してしまい、その後はフィリピン政府からの指摘を受けてノアコインの財団が被害者に対して返金を行ったため自体は終息しましたが、集団訴訟はいまだに続いている様です。

総評

泉忠司は手掛けている事業が幅広い分、悪い評判も多いです。
特にリアルドラゴン桜からキング・オブ・コインと表現を改めてからインターネット上での悪評が目立つようになっています。

ここで注意していただきたいのが、泉忠司はベストセラー作家であり大学講師です。
つまり、文章を書いたりプレゼンで人を惹きつける力はズバ抜けて高いといえます。

しかし、仮想通貨自体の有識者というわけではないので、それを広報するのに長けた人物という見方をするのが正しいと言えます。

ただ、それを見込まれたのを知っていて、勧められた案件をホイホイ紹介していると「泉忠司の◯◯◯◯案件は詐欺」と矛先を向けられるのは仕方ない事です。

そもそも、その案件に泉忠司が紹介してきたからという理由だけで参加すること自体、誤った考え方です。

投資は自己責任とはよくいったものですが、自分の大切なお金を投じる以上、いろんな角度から検証し、納得してから投じましょう。

泉忠司から学べること

それは文章の表現力スピーカーとしてのプレゼン能力
この2点を意識することがお勧めです。

関連記事

超危険レベル!泉忠司 氏の新オファー マイニングワールド の感想

泉忠司の新オファー 誰でも簡単! 海外ほったらかし資産構築 の感想

PRANCE GOLD という仮想通貨アービトラージ投資案件を徹底考察

お勧め

【初心者必見】 パソコンとスマホの検索スキルは必須です

副業未経験の初心者でもできる安全な在宅ワーク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました