【完全終了?】ポケットハッシュ (POCKETHASH)で出金申請しても着金しない状況

ネットビジネス検証

ポケットハッシュ出金申請したんですが、まだ自分のウォレットに着金してません。
どなたか着金した人いますか?

私も出金できません。しかもアプデ後は、Androidスマホのアプリの公開がまだでブラウザ版でやらなければいけなくて不便です。

USDTも着金してませんね。。。
サポートからの回答待ちです。
不安で仕方ありません。

なるほど、それは不安ですよね
ちょっと調査してみましょう。

ポケットハッシュ 公式情報(Teregram)

ポケットハッシュ 公式情報(Teregram)

主な公式発表は以下になります。

5/23

・メンテナンス終了報告
23日にはブラウザ版のみの復旧でアプリ版は後ほど公開したら再インストールしてくださいとのこと。
ETH.USDTの入出金については、入金のみ再開

・今後のアップデート予定の告知

・メンテナンスに伴うキャンペーン期間変更と新キャンペーンの告知

<キャンペーン一覧>

①:入金ボーナスキャンペーン 
<7月16日~7月21日>
②:直紹介応援キャンペーン
<5月22日~6月30日>
③:グループボーナスキャンペーン
<5月22日~6月30日>

<新キャンペーン>
500PHTプレゼント!スタートダッシュキャンペーン
期間:5月22日~6月30日
(ボーナス)
新規登録者:500PHT
紹介者:101PHT

実業の実体が未だ不明である以上、紹介出すことも入金することもできないと思うのですが、、、
これでもし紹介行為をしている人がいたら、申し訳ないけど騙そうと思っているか、情報弱者のどちらかとなります。

【お知らせ】

5月12日のビットコインの半減期に伴いブロック報酬が12.5BTCから6.25BTCに変更され、マイニング収益が半減期前の半分以下に減少しました影響により、一時的に1日の換金限度額の調整を実施。
あくまでも一時的な措置であり再調整は6月下旬を予定

半減期でマイニング報酬半分になってからの報酬はどうなってるのですかね?同様に減少しているなら換金限度額の調整なんかする必要ないのに意味不明です。

5/24

PHTのレート変更の報告(後付け)

参加者から問い合わせあって後付け報告したって情報聞きましたけど本当ですかね。。。
だったら、出資者をバカにしているとしか思えません。

5/26

メンテナンス期間中に一部のユーザーのマシンが稼働している不具合があったので期間の修正を実施

5/27

PocketHashアプリケーションTest flight版(iPhone)が復旧致しました。
ただ、Android版アプリの復旧は6月のアップデートの際に並行して実施する予定のただ
お手持ちのスマートフォンがAndroidの場合はブラウザ版をご利用ください。

5/29

5/27に復旧しましたTest Flight版アプリケーションについて、一時的にインストールが出来ない不具合が生じておりました。
Test Flight版アプリケーションをご利用の方は再度インストールを実施していただくようお願い致します。
インストールが出来ない場合は下記のURLからブラウザ版をご利用ください。

【BTC出金の遅延に関するお知らせ】
システムの仕様変更、マイニングハッシュレートの下降で送金遅延が起きている影響によりBTCの出金が通常時より遅れております。
順に対応させていただいておりますので、今しばらくお待ちいただくようにお願い致します。

また、6月初旬には出金申請の審査、処理速度を改善させていただく予定です。

【スパム行為対策に関するお知らせ】
1月25日のリリースから約4ヶ月でユーザー数が70,000を超えており、一定の時間帯にアクセスが集中していることを要因に予期せぬ不具合が生じている状況。サーバーへの負荷を軽減し、公平かつ安全な環境に整えることを目的に6月1日より随時、スパム行為に該当するアカウントの凍結処理を実施させていただきます。

以下の条件に複数該当するアカウントを対象とさせていただきます。

  • 累計PHT購入数が0
  • ログインボーナスを1週間以上獲得していない(メンテナンス期間を除く)
  • 採掘報酬を1週間以上獲得していない(メンテナンス期間を除く)
  • 類似性の高いメールアドレスを使用しているアカウントが複数存在している
  • 不正な内部移動を繰り返し行なっている

7万程度のアカウントで不具合出るサービスってどうなんでしょう?
そこら辺のスマホアプリのゲームより貧弱に感じますが、、、
しかもアカウント凍結対象が運営のさじ加減一つでどうとでもなる恐ろしい内容に感じるのは私だけでしょうか?

5/31

3月5日から4月15日まで実施しました「役員体験手数料還元キャンペーン」につきまして、6月1日に結果発表及び報酬の分配が条件達成アカウントへ順次開始されます。

また、報酬の分配に伴いましてこれまで停止されておりましたUSDTの出金機能を復旧致します。

【BTC出金の遅延に関して】
4月25日まで実施しました900PHTプレゼントキャンペーンにつきまして、他人のKYCを使って不正にプレゼントを受け取っているスパムアカウントが多数ありました。現在アカウント数が70,000を超えており、そちらの確認に時間を頂いております。

出金申請の審査につきましては、スパムアカウントかどうかも含めて対応させていただいておりますのでご了承ください。

また、900PHTプレゼントに関しまして、期限内に申請をされた方の承認作業は既に終了しております。

付与されていない方は期限に間に合わなかった、又は不備があり申請をキャンセルされたケースに該当します。

万が一、申請期間内に承認が完了し、900PHTが付与されていない場合はお問い合わせにアカウントID(電話番号orメールアドレス)を含めてサポートセンターへご連絡いただきますようお願い致します。

何を根拠の他人のKYCを使用したと言っているのでしょうか?そこらへんの基準は開示しないと、運営がスパムと判断したらスパムになりますね。そんなにスパムが好きなら運営さん沖縄に住んだら良いのにと思ってしまいます。

6/2

【役員体験キャンペーン結果発表のお知らせ】
3月5日から4月15日まで実施しました「役員体験手数料還元キャンペーン」につきまして、結果を発表致します。

<キャンペーン期間と内容>
UTC+9:3月5日12:00~4月15日23:59まで
オープンから最初に工場長が誕生した2月19日までの期間に分配されるUSDTが312,500であり、分配されていない換金手数料を役員報酬と同様の方式で還元し、役員報酬を体験していただきます。

<配当総額>
312,500USD+80,000USD(長期メンテナンスのお詫び)

<分配率と条件>
キャンペーン期間中の新規入金及びPHT購入枚数に応じて換金手数料を配当

  1. 100,000PHT以上の購入→(社長と同様の分配率=10%)
  2. 10,000PHT以上の購入→(常務取締役と同様の分配率=20%)
  3. 5,000PHT以上の購入→(取締役と同様の分配率=30%)
  4. 2,000PHT以上の購入→(工場長と同様の分配率=40%)

『キャンペーンの結果報告』

  1. 4名 配当金額  10,353USD 配当合計 41,412USD
  2. 270名 配当金額   541USD 配当合計 146,070USD
  3. 511名 配当金額   254USD 配当合計 129,794USD
  4. 723名 配当金額   104USD 配当合計 75,192USD

合計392,468USD
32USD合わない。。。端数分による誤差ですかね?

この度はキャンペーンにご参加いただきありがとうございました。
配当は順次対象アカウントへ「USDT」で行います。
また、USDTでの配当に伴いまして本日USDT出金機能を復旧致します。
一つ一つアカウントをチェックしながらの配当となりますので、順次の対応とさせていただきます。

【PocketHash 2.0】
いつもPocketHashをご利用いただきありがとうございます。
リリースから約4ヶ月が経過し、70,000人を超えるユーザー様にPocketHashをご利用いただいております。
そして、6月からの大型アップデート「PocketHash 2.0」を本邦初公開致します。

  • アフター半減期のマイニング市況
  • キャラクターデザイン リブランディング
  • 「Pocket Media」リリース
  • 「Pocket Chat」リリース
  • 「Pocket Game Center」オープン
  • 新独自トークン「PHZ」を発行し、エコシステム構築へ
  • 「Pocket Stake」ローンチ

合わせて開設しましたオフィシャルブログに全容を掲載させていただきましたのでご覧ください。

「PocketHash 2.0」へのアップデートが暗号資産業界のパラダイムシフトを起こす。

ロードマップの内容は素晴らしいけど、できる根拠となる人材や提携企業などの情報が一切ない以上、信用するに値しませんね。

考察結果

もう諦めて他のことを考えた方が良いフェーズかもしれませんね。

中には6月中は半減期の影響もあって出金は通常の半分に規制を運営が掛けているなんてことを言っている人いるくらいです。

私の見解は以下になります。

すでに出金遅延についてアナウンス済みなので、それを理由に引っ張る

PocketHash 2.0の大型アップデートに伴うメンテナンス突入できるという都合の良い口実がすでにある

つまり、出金遅延はごめんなさい一生懸命やってますと言いながら、そのまま大型アップデートの為にメンテナンス入るのでサービスを一時中断しますね〜と、一旦サービスを休止。

その後、アップデートの検証であらー見つかりました、トラブル発生しましたなど色々理由をつけてサービス再開をどんどん遅らせ、しまいにはアナウンスもなくなりドロンする。

まあ、こうならないことを祈りますが、過去の投資案件を見る限り
歴史が繰り返されるとこうなる可能性は十分考えられるので、参加している人は覚悟しておきましょう。

関連記事

過去の関連記事でも解説していますので
よかったら参考までに読んでください。

POCKETHASH(ポケットハッシュ)徹底検証

【要注意】POCKETHASH(ポケットハッシュ)はかなり危険な投資案件

ポケットハッシュ どうなの?最新情報

POCKETHASH(ポケットハッシュ)キャンペーンの真意に迫る

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました