全ての人に伝えたいお金のこと

基礎スキル

全ての人に伝えたいお金のこと

私たちが生きて行く上で必要なものを思いつく限り答えて下さいとアンケートをした場合、「お金」は必ず入ります。

それ位「お金」は日々の生活では欠かせない重要なものですよね。

私も「お金なんか大切じゃないよ」と言う人に今まで会ったことありません。

逆に「金、金、金」とお金に執着している人の方が普通じゃないの?と、私は思っているくらいです。

なんせ、私もとにかくお金が欲しいと思っている一人ですから。。。

それ位重要な「お金」ですが、今の日本ではお金について学校で教育されません。

なぜだと思いますか?

お金や経済の勉強をして知識を持たれると個人が資産運用をするようになり、銀行やゆうちょなどの金融機関にお金が集まりにくくなります。

今の日本政府は国債を発行し銀行やゆうちょなどの金融機関からお金を借りて財政をまかなっていることから「政府は金融機関を通して、国民から間接的に借金をしている」ということが言えます。

ピンとこない場合は、下の動画をご視聴してみてください。政治家が国会という場で日本は国民から金を借りてますと公言していることが確認できます。

なるほど「国民は政府に金を貸しているんだ」だから借金じゃないと安心したら危険です。今の日本の財政は悪化している状況であり、国の借金は増えている状態。毎年お金を貸し続けているのと変わりません。

普通に考えてお金を貸し続けていて返済が無いということは、企業なら倒産、個人でも夜逃げや自己破産されて貸したお金を回収できないリスクが増していくということ。

それと同じことを政府にされているんだということだけは理解し、日本で生活している以上、受け入れる必要があります。

さらに押さえておきたいポイントとして、日本政府は今の財政を維持する為に、まず国民には金融機関にお金を預けてもらう必要があるということです。つまり国民の預貯金が金融機関になければ、政府は金融機関に国債を買ってもらえなくなり国家予算を捻出できなくなってしまいますから、政府は政府で日本の財政を維持するために必死になっているということです。

その為あの手この手でメディアなどを活用し「預貯金は安全。投資や資産運用は危険」という情報を我々国民に刷り込んできました。

確かに太平洋戦争で敗戦した日本がこの短期間で立ち直ることができたのは、この政府の方針のおかげでもあります。しかも、その中で我々国民は高度経済成長から日経バブルが弾けるまで預貯金をしてもある程度の金利を貰えたので超ローリスクの安定した投資というのを体験している親や祖父の世代がいるわけです。

こうして「預貯金は安全。投資や資産運用は危険」という認識を持った親から幼少期から間違った教育を受けた子供達は、親の言うことを素直に聞き、メディアから「預貯金は安全、投資や資産運用はリスクがある」という情報も刷り込まれている環境です。

実際、私も幼少期から将来のために貯金が大事と親から教育を受け、何も考えず結婚であったり、子育てであったり、老後の為という理由づけをして貯金をする日々でした。

ただ、資産運用や投資の重要性を理解してからは積極的に実践するようになりました。

投資を学んで行くうえで思ったことは、多くの日本人は「どれだけ金利が低くても、預貯金をするのは当然」という考えは改める必要があるという点です。

私たち日本人は特にお金の勉強をすることなくお金を貯めていますが、何も考えずに預貯金をする国民は「国にとって都合のいい国民」であり、国に都合よく搾取される対象なんだと痛感させられました。

なぜ、そう思ったか?

もし、国民が預貯金をせずに資産運用をはじめると、今まで保たれていた均衡が崩れることになります。銀行などの金融機関に預けるお金が減ることで、国の財源が確保できなくなってしまう危険性がでてきます。

そして海外に資産を移転されようものなら国はもはやお手上げです。国内にない資産に関しては、手出しすることができないからです。

お金があるほど、その国の力は強くなります。アメリカや中国が良い例です。どの国も、自国から他国にお金が流れることは避けたいことが汲み取れます。

そういった背景から国は国民に対し「預貯金は安全。投資や資産運用は危険」という刷り込みをしてきた可能性があるなと仮説ができたからです。

実際、他の国ではお金の教育はどうなっているか調べてみました。外国では、幼少期から積極的に「お金の勉強」をさせています。

例えば、アメリカの小学校ではカリキュラムに「投資の授業」が含まれています。教育法でも、「アメリカ人はすべからく経済教育を受ける権利と義務がある」と制定されています。実際に、若い頃から投資を始める学生も珍しくありません。

イギリスでは、中学校で「経済や金融の教育」を受けます。「経済や金融の知識が、人間力の一つになる」と考えられているのです。

このように海外では、「将来の資産形成は国に任せるのではなく、自分自身で行う」という考え方が浸透しています。そのため、お金の教育に力を入れる国が多いのです。

しかし、私たち日本人はお金の教育を十分に受けていません。

このまま何もしなければ、資産を増やす機会を失うだけでなく、国の都合のいいように搾取されるだけです。

そうならないためにも「お金の知識」を身に付け、将来に向けて資産を形成したり、搾取されないように資産を守っていく必要があると思います。

全ての人に伝えたいお金のこと まとめ

  • 日本人がお金の勉強をしないのは、国の方針が関係している。
  • ほとんどの国民は「どれだけ金利が低くても、預貯金をするのは当然」と思い込んでいる。
  • 海外では「将来の資産形成は国に任せるのではなく、自分自身で行う」という考え方が浸透している。そのため、アメリカやイギリスなど、お金の教育に力を入れる国が多い。

資産形成って難しい?

そんなことありません。今は便利な時代スマホ一つでも始めれます。
私がお勧めするビジネスモデルについて書いた記事を、まず読んで見てください。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました