谷中伴行氏のNEISを徹底検証 Vol.2(まだ信用はできない)

ネットビジネス検証
谷中伴行氏のNEISを徹底検証 Vol.2(まだ信用はできない)

谷中伴行氏のNEISを徹底検証 Vol.2(まだ信用はできない)

Vol.2見て、なんかすごく勉強になったし、参加する価値あるかもって感じなんですが、どう思いますか?

なるほど、では私も谷中伴行氏のNEISを徹底検証 Vol.2を見たあとに検証結果をお伝えしたいと思います。

  • 谷中伴行氏のNEISコンテンツ Movie『Vol.2』の内容はまともであり理想
  • 谷中伴行氏のNEISの提供しようとしている、AI+EAで利益が積み上がるかは不明
  • 世の中には、すでにAI+EAはある、しかしそれが稼げているとは到底思えないのが現実

谷中伴行氏のNEISコンテンツ Movie『Vol.2』の内容はまともであり理想

谷中伴行氏のNEISコンテンツ Movie『Vol.2』の内容はまともであり理想

NEISコンテンツのE-Bookの内容は一部参考になる

E-Bookでは、すでに投資の世界で使われているAI(人工知能)とEA(自動売買ツール)に解説し、AIは高額であり個人が使うのは不可能に近くEAだと何も考えずただ単純に登録されたプログラムを回すだけになった場合、次の瞬間にいきなり変わる相場においては多大な損失をかぶる危険性も高いと解説し、EAで利益を出すための立ち回りについても解説。

これはトレーダーなら知ってて当たり前の内容だけど、投資未経験者にしたらとてもありがたい内容ですよね。
その中で、相場環境において複数のEAを使い分けないといけないって普通に裁量トレードと変わらなくなるので、EAって意味ないんじゃ?って思う人もいると思います。
ぶっちゃけ、私はEAは意味ないと思ってるので使ってません。

A.Iを用いたEAの運用を行って適切に期待値は約3% それを堅実に稼ぎに行く

よくネット上にある
■月利40%の放ったらかしFX
■半年で3000倍の投資
■1万円が1ヶ月で300万円に!?
という話は99.9%嘘であると論理破壊される内容を解説。

元本100万を月利50%とかのツールを5年間回したらいくらになるか?
360億倍になる

本物の投資とは年利3%〜5%の利益を追うものと投資の神様であるオィーレン・バフェットの話を例に言及しています。

詐欺案件の見極め方法としては大変参考になりました。

谷川伴行氏のNEISは「EAの切り替え時期を配信してお伝えする」サービスを提供する

30年以上金融業界を走り抜けた谷中伴行氏は今の金融市場がどういう状況で、どういうロジックを使えば高い期待値を追えるかを把握していて、
加えて、谷中伴行氏が開発しているA.Iシステムの中身は、谷中伴行氏の長年の経験から来る相場判断をディープ・ラーニングしているものになる。

つまり、A.Iシステムの価値は谷中伴行氏とイコールであり、高い期待値で利益を生み出せると解説。

谷中伴行氏のNEISの提供しようとしている、AI+EAで利益が積み上がるかは不明

投資は自己責任という言葉を一度は耳にしたことはありませんか?
そもそも、今回の動画で公開されたNEISのサービスの売りの一つAI+EAに仕組みについて考えた場合、システムの利用料(オンラインサロンNEISの会員費用)が発生する仕組みになることが想像できます。

この費用をかけて利益を狙うのはわかりますが、金額ベースで月額15,000円(最初に記載されていたオンラインサロン費用)以上の利益を生み出すには原資が50万円必要になります。

しかもあくまでも平均値であり、常に右肩上がりではないので最低原資の2倍〜3倍の原資で回して様子見する必要があります。

様子見期間は少なくても半年から1年
(その間のサロン会費は実費負担と考えましょう)

つまり、初期費用として検証期間含めて200万円程度の資金が必要であり、最悪10%〜20%は失っても良いというリスクを背負う必要があると私は思いました。

つまり、そこが投資は自己責任として許される範疇ですか?どうですか?というのをまず自分でじっくり考えたうえで決めましょうと私は提案します。

世の中には、すでにAI+EAはある、しかしそれが稼げているとは到底思えないのが現実

今回のNEISの徹底検証にあたり、すでに世の中にはAI+EAのツールが出回ってるのかググってきました。

調べて見たらAI+EAのツール今ではEAにAI搭載のものとか色々ありました
トレンドタイガー、ブラストFX、モンセレ自動売買システム、高野哲也FX、はたけFXなどが確認できました。

これらのツールを調べて見たらツールによっては、体験者の画像には素材が使われていて、販売元の評判も良くはないものもあって、その実績は信憑性に欠ける販売の記事であったり、ツールを活用するにあたってコミュニティに誘導されるものになっていたりしています。

また、ツールだけに頼った無裁量のシステムトレードでは安定して勝ち続けられる仕組みなのか?と聞かれるとちょっと疑問が残る印象。いくらAIが搭載されているとはいえ、AIの性能の信頼性を保証する情報が全くないので無裁量でトレードは危険レベルといえます。

つまり、使い手もある程度はチャートを分析し仮説を立てれるレベルでなければ、利益を出し続けるのは困難という感じです。

まとめ

NEISは『30年以上金融業界を走り抜けた谷中伴行から本物の金融情報発信を受取り、3ヶ月以内にどんな投資でも経済基盤が構築できる個人投資家になれるオンラインサロン』というキャッチコピーですが、そもそも金融市場に3ヶ月で個人投資家として自立できるのかと聞かれたら、

答えはNoと断言できます。

その理由は、私が言わなくてもYouTubeやTwitterで情報発信しているトレーダーのインフルエンサーがすでに発信しています。

彼らインフルエンサーも、なんども退場しどん底まで落ちて悩み苦しみ、そして負けを減らしながら徐々に勝てるようになっています。

3ヶ月でなれません数年レベルがデフォルトですし、トレーダーとして市場に立ち続けたかったら一生学習する覚悟が必要です。

NEISで基礎は学べるかもしれませんが、個人投資家として自立できるレベルになれると思うのはちょっと妄信であり、そのようになれると解釈できる文面は誇大広告としても受け取れるので要注意と警戒した方が良いです。

それでもどうしても、やりたいなら、止めません。

それこそ、投資は自己責任です。

やらないで後悔するくらいならやって後悔したら良いです。

その代わり、何が問題だったのかあとで自分で検証できるように、事細かに記録を残しましょう。

そうすることで投資家として今後どのように立ち回れば良いか見えてくるかもしれません。

↓↓↓前回の記事はこちら↓↓↓
https://sapporo-investerclub.com/internet-business-verification-taninakatomoyuki-neis/internet-business-verification/

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました